中学受験の算数の速さについて

算数子供の教育のことは、親にとってはあたまの痛いことですが、将来子供に学歴をつけてほしと思う親は多いです。そのため、首都圏の場合は中学受験をするご家庭も多いです。ただ小学生にとって中学受験をするのは、そんなにたやすいことではありません。なぜなら科目は国語、算数、理科、社会の4教科ですが、どの科目も難易度が高いということと、とにかく広範囲なため理解するのに時間がかかるのです。その中でも苦手な科目になりやすいのが算数です。算数といって学ぶ分野が多いからです。速さ、鶴亀算、旅人さん、時計算、と面白い名前についた分野もありますし、そのほかに文章題や、図形もあります。図形の中でも平面図形、空間図形、立体図形とさまざまなので、すべてを網羅していくのはかなり大変です。苦手な分野の克服にはとくかく練習をしていくしかありません。とくに塾だけの勉強ではなく家庭でもしっかりと学習していく習慣をつけていく必要があります。それには子供だけでなく、親がポイントを押さえて問題を選んでいく必要があります。なぜならば小学生が自分のレベルを上げるために問題を選んだり、スケジュール管理をしていくんは、到底無理だからです。親がしっかりと学習のサポートをしていくことで少しずつレベルが上がっていくことができます。精神的にきついことも多いですが、家族で戦うことで、志望校合格が見えてくるのです。大変ですが乗り越えることで、子供はかなり成長していきます。