中学受験とそろばんの関係性

そろばん中学受験を目指すなら、幼児のころから様々な教育をして、準備をする必要があります。塾に通うのはもちろんですが、そろばんも勉強しておくと、大きなメリットがあります。そろばん教室に通うと、計算速度が速くなります。思考能力も高くなります。算数だけでなく、ほかの強化でも全体的に問題を解くスピードが上がります。そろばんで習得できる思考パターンは様々な分野で応用が利き、全体的に思考のスピードが上がるのです。小学生、中学生と思考能力は高まっていきますが、中学受験を考えている場合は、小学校の段階で中学校並みの応用力が試されます。一般的には時間をかけて形成する思考能力をいち早く習得させ、高度な教育を施すのが入学試験を設けている中学校の狙いです。算盤を習うことは、普段学校で習うこととは違った計算方法です。学校で習う計算方法は下の桁から計算していきますが、算盤では上の桁から計算していくのです。この方法は算盤を使わないと難しいですが、暗算の訓練と合わせて行うことで計算速度が飛躍的に上がります。計算式をパッと見ただけで大体の答えがわかるようになります。この思考パターンがほかの科目においても有効に働き、思考能力が高まり全体の学習の効率を上げてくれるのです。
中学受験には幅広い知識と、素養が試されます。中学校の品位と伝統を守るためです。算盤で身につけた思考能力は中学校に入学した後でも力を発揮してくれます。ぜひとも算盤を勉強することをお勧めします。